まつげが抜ける原因と化粧水の成分浸透にハンドプレス

まつげが抜ける原因には間違った方法でのメイク落としや、まつげケアなどもダメージのもとになることがあります。
まつげケアで大切なことは1日のメイクをしっかりと落として、まつげを休ませることが大切です。
正しい方法でメイクを落とさないとダメージを与えることになり、それが蓄積して抜ける原因になります。
まつげが抜ける原因には、目元のメイクをゴシゴシ洗う、アイメイク専用のリムーバーを使用しないなどがあります。また、まつげの美容液の使用方法を間違えると、充血したりかゆみの原因や、逆にダメージを与えることになります。
正しいクレンジングやケアを行なうことで健康なまつげを保つことができます。
正しいクレンジングや洗顔後にいは、化粧水や乳液などを使用して潤いを保つことも大切です。
化粧水や乳液などを肌の奥深くまで浸透させる方法にハンドプレスがあります。スキンケアでは成分が肌に浸透することが重要で、ハンドプレスはその効果が期待できます。
化粧水や乳液は塗るだけでは効果が期待できず、肌に浸透させることで初めて成分の効果を得ることができるのです。ハンドプレスは化粧水などを塗る際に、押し込むことで押す力が加わるため肌の奥に浸透する力が強くなります。
実は化粧水などは浸透力は商品により異なり、浸透力が高いタイプは金額も高くなりがちなのです。ハンドプレスをすることで成分が浸透しやすくなるため、安めの化粧水などを使用しても美容効果を得ることが可能です。
また、ハンドプレスはマッサージ効果もあります。肌のマッサージを行なうことで血流が良くなり、老廃物などを排出しやすくなります。ハンドプレスのやり方は、化粧水などを手の上に出して温めるようにしてから肌に塗ります。温めることで滑らかになり肌に浸透する力が高まります。塗った後に手のひら全体で包むように10秒程度プレスします。
ハンドプレスは簡単にできるため実践したい方法です。